ちりめん風呂敷を広めたい

包み方(お使い包み)

 

お使い包みは、箱などを包む際に用いられる方法です。

最後に真結びをすることで、中の物が安定し崩れずに持ち運ぶことができます。

結び目がひとつですので、高さがあまり出ず、結ぶ際に出るシワが少ないので訪問する際のお土産にも使用できます。近年多く見られるようになったリバーシブルの風呂敷を使用すると、結び目に裏の色柄が出てきれいです。

包み方は、風呂敷を角が左右にくるようにひし形になるように広げ、包む物を中央に置きます。手前の端を奥へきっちり被せて、物の下に折り込みます。奥の端も同じように手前に被せて端が余れば下に折り込みます。左右の端を持ち適度にひっぱりながら、中央で真結びにします。結び目を整えながら、羽を広げたように結んだ端をふっくら広げるときれいです。

ポイントは、左右の端を結ぶ際に、側面の角を折り紙の要領できれいに整えながら結ぶことです。

真結びは交差させた奥のほうの端を上から被せて結ぶことで、左右に羽を広げたようになります。

縦結びにならないように注意します。