包み方(隠し包み)

訪問先に持っていく手土産や、風呂敷の美しい絵柄などを見せたい場合に使われるのが隠し包みです。普段に多く用いるお使い包みを発展させたもので、実用性と上品さを併せ持っています。

風呂敷の大きさの割に中の箱が大きく、結び目が小さくなり過ぎて不格好になった場合にも、隠し包みを用いるときれいに収まります。包み方は風呂敷を広げて、箱を中央に置きます。

表に柄を見せたい方を上になるように被せて、左右の端を中央で真結びにして形を整えておきます。重ねた上の部分を丁寧に引き出し、結び目の上に端の折り目を整えながら被せて、余るようならば下に巻き込みます。

結び目は隠れますが、両端の角の部分が表から見えたとしても構いません。
ただし、だらしなく見えるのはいけませんので、真結びをきちんとしておくことが重要です。

左右対称になっており、リバーシブルタイプの風呂敷などで左右からアクセントとして見えるなら、逆におしゃれに見えます。