ちりめん風呂敷を広めたい

包み方(二つ結び)

風呂敷は、包むものの形に合わせて自由自在に包むことができてエコで便利なアイテムです。

最近はエコなだけでなく、おしゃれでファッションの一部にもなっています。

一番ノーマルな箱状の包み方にも多くの種類があります。

二つ結びは、長いものを包むときに対角線の両端の長さが足りない時や、太さがある場合におすすめの包み方です。道具類や最近流行のヨガマットなどを包んで教室に持って通うのもおしゃれです。結ぶ方向を考えると、結び目は箱に対して少し斜めになりますので、二つの結び目が同じようにきれいに並ぶように結び整えるのが、きれいに見えるポイントです。

包み方は、風呂敷の中央に対角線上に包む箱を置きます。手前と奥の両端を持って中央で交差させ、左右に引っ張ります。左右それぞれを真結びにして、きれいに整えます。

リバーシブルの風呂敷でも結んで広げた部分に裏の色が見えてきれいですが、淵囲みの柄でも結び目が目立ってきれいです。