ちりめん風呂敷を広めたい

包み方(巻き包み)

 

 

風呂敷は中のものに合わせて形が変えられる便利な道具です。

大きさや材質、色や伝統柄から現代アート風のものまでいろいろあります。鞄が主流になり使われることが少なくなった現代に、エコな道具でおしゃれな感覚が見直され、若い世代の方たちにも受け入れられ人気が出ています。風呂敷には形と色柄を生かした多くの包み方があります。

長いものの中でも角がなく、転がる茶筒や反物などの巻物などを包むのに適した包み方が巻き包みです。中央に結び目が羽を広げたようにできるきれいな形になります。

包み方は風呂敷を広げて対角線上にものを置きます。手前の角を奥へ被せてしっかり巻いていきます。左右の端を持ち、中央で交差させます。

手前と奥にくるようにして、裏に反して真結びにして結び目を整えます。

材質は、左右に引っ張るため少し伸びる感じのちりめんなどが向いています。

柄は、線を生かしたものや全体に散りばめられた文様、結び目にアクセントとなるリバーシブルカラーのものなどがきれいに包めます。