基本の結び方(ま結び)

お使い包みなど、表面に左右に羽を広げたようにきれいに結び目ができる結び方が真結びです。

風呂敷の基本的な結び方で、左右からの力が均等にかかるので、緩みにくく解けない結び方ですが、解きたいときには簡単に解けます。

一方、縦結びは両端が縦になり緩みやすく、一旦きつく結んでしまうと解きにくいという特徴があります。瓶を包むときや重いものを包むときなどは緩んでは困りますし、結び目に重さがかかって固くなりますので、真結びであれば解きやすいので便利です。

結び方は風呂敷の左右の端を持ち右側を後ろにして交差させて、一回前に倒してくぐらせるようにして後ろにもっていきます。

右にきた端を左に倒し、後ろの端を上から被せるようにして輪状になった中をくぐらせ右に出します。左右に羽を広げたような形になれば出来上がりです。

真結びを解くときは、左手で結び目の左のほうを持ち、右手で結んだ左先を持ち左右にひっぱります。

まっすぐ一直線になったら、右手で結び目を持ち、左手で左側を引き抜くと抜けます。