基本の結び方(一つ結び)

一つ結びと真結びは風呂敷の代表的な結び方です。

二つは基本となるだけでなく、これを覚えておけば風呂敷のバリエーションがさらに広がります。一つ結びは端を持って輪を作り、その輪をくぐらせて軽く引っ張ります。

結び目を解くことと、見た目を考えてギュッと引っ張らないようにします。使い方としては、小さめの風呂敷の四隅をそれぞれ結べば小物入れになり、いろいろなシーンで使えます。

おしゃれなバッグもできます。風呂敷の四隅を少し長めに残す感じでそれぞれ一つ結びをします。

結ぶことによって自然なタックができて中のものが落ちにくくなります。次に隣あう二本を真結びにします。

真結びは、交差させて一回くぐらせて奥になった方を上から被せて結ぶ方法で、結んだ端が両側に平行に重なる結び方です。真結びにした端はきれいに整えて出来上がりです。

持ち手が二本に分かれていますので中身がすぐ出せて便利です。少し大きめの物を用意すれば中身がたくさん入ります。